2021年03月31日

月末はアノマリー通り下落、月初は上昇アノマリー。

決算月で変わるかと思っていましたが

今月もアノマリーのまま下落。

月頭のアノマリーも生きるなら

明日は上昇。


しかし25日線攻防は100円ほど下になっている。


昨日からトピックスが売り込まれていて、

出来高からも主役が日経から変わってきている。


もともと大幅下落でNT倍率が上がることは珍しいこと。

ドル円の上昇は株価にプラスになる・・・・これも昔話になっている。

トヨタは本日、大幅高ではありましたが。



ドル円は金利上昇で上昇と教科書的な動き。

米国の大型国債発行でドル安を見込んでの

大量ドル円ショートが積まれていたが、
110円台でカバーに入ったのかもしれない。


非伝統的金融政策は各金融商品の相関関係を壊しつつある。


大体、金利マイナスの国債を買うのは想像を越えているし

欧州の債権の方が米国債より「安全」な価格になっているのも

「変」

金は仮想通貨の出現で変化してきたのかもしれない

仮想通貨も金と同様に金利がない。



日経に下落でコールは半値に!

プットは?

ほとんど上昇していない。

デルタ計算値の半分以下。

ファーのプットなどは日経▼270円で「マイナス」


25日線を巡ってウロウロすると更にオプションは下落する。



「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 16:50 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

25日線巡る攻防は上で決着。

チャート上で問題になっていた25日線攻防は

昨日と配当落ち後の本日も激しい売り買いでした。


一応は買い転換とも言えるチャートになった。

上に行ったっとことでボラは大きく剥げ▼1.96の日経VI21.16


本日は10年債金利が上昇した関係で

ナスが軟調。

にもかかわらずナス型の日経が上昇して

ダウ型のトピックの上昇が少なかった。


原因は金融株と高配当落ちにあるのだろう。


高いときに組んだコールデビットはボラ剥げで日経上昇ほど恩恵を受けていない。


ナイトに下落しなけば30000円復帰が云々されるでしょう。


30000円は壁になる。これは一般論です。

SQも近くなるとレシオが優勢になるのがオプションです。

ATMから近いところは日経に反応して、ファーの反応は鈍くなる。

オプションショート戦略の稼ぎ時になる。


30000円以下とわかっていれば簡単なのですが

米国を見ていると、最近の1日の値幅を見ていると

あまり予想しないほうが賢明だと思う。



「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 15:50 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

金曜日の03:50から相場が急転換して日経は25日線突破。

ナイト時間の02時からダウは200200ドルの急落で
下値警戒が生まれた後の03:50から急騰して

90分間で420ドル以上も、まさにドカン!上昇。

つれて日経先物も+300円以上のドカン!


落ち方も上げ方も値幅が大きく油断できない。
トイレ行ったら100円移動はザラな日々が止まらない。


S&P500の恐怖指数VIXはコロナ暴落以降の最低水準まで剥げてしまった。


売買高の多かった30000円コールは
木曜日の安値30円から6倍の190円まで上昇して金曜日ナイトの取引を終えた。


2日間で1200円の上昇だとオプションは上昇を決めておかないと
対応できない値幅。

プットショートの利益は大きないので

ショートストラングルは負ける。


一気に25日線を越えてきたので

戻り売りと買い転換で意見の分かれるところだ。



NY市場では大型ハイテクの戻りが鈍く

ナス、、ダウのローテーションが健在だった。

月曜日の朝の寄りは高いので
日経現物30000円復帰の声が出るだろう。


相場の常ですがスピード調整はスピード上昇になりやすい。


配当落ち前日に配当落ち分を埋めてしまう。
配当目当てで買った人の
明日は運がいいことになります。




月曜日は
8:45からギャップアップから上昇予定
途中で300円の押し予定。


日足なら長上髭だ出るか否か。



ダウ、S&P500、そしてSOXの爆上げから、明日の日経はナイト引け値より強いと思われる。

ADRでも東エレ、信越、アドバンの半導体関連が高い
日銀ETF政策変更のダメージが大きなユニクロとSBGの上昇幅は小さい。

この寄与率の2横綱が目先の戻りをだしただけでも 

半導体関連株の上昇と合わせて先物の29750円も射程内。

現物は寄りから29600円突破予定。




米株高値更新から日経も戻り高値完了より、30000円相場に行く可能性が高くなっていると思える。

SQまで2週間ですから200円の下落上昇でオプションは大きく動く。



上昇確率が高いと想定してのポジション。

コールロング系とプットショート系

選択は相場の強弱度合いと証拠金で決まってくる。

ショートの証拠金はファーでも高く、この局面はコールロング系で対応した方がいいと思います。


安く買って100円で大喜びで決済した30000円コール

済んだことを意外なほど悔やんでいる私だ。

明日は200円以上確率が高いと思うと猶更。


問題は悔やむことは「相場道に反した」悪い心理状態だ。

儲けたのに「もっと儲けられた」の欲で

心理を引きずると逆の日が来た時に思い出してしまい悪結果、悪習になる。

軽く2倍ですから同様な人も多いだろう。

私を含めご用心です。

大きすぎた魚のしっぽでもくれてやれ。


もっと騰がると思うなら月曜日に買えばいい。
この心境はバブル心理ですね。

最後はババ抜きと決まっている。


トピックス上昇を狙うなら
日経先物をショートでヘッジする
NT裁定がいい。

1:3でトピックス3枚のロングを先物1枚ショートでヘッジ。
暴落なら日経はトピの2倍程度落ちるのでヘッジとして有効だろう。

オプションの世界では臆病者が長生きと言われている。
「絶対だ!」とヘッジを外した翌日に暴落暴騰は「よくある話」





「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 16:52 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

上がるために300円の押しかい

上昇のために屈む(押し目)が

それが深い。


本日も朝の高寄りから急伸して300円下落。

ショートカバーからやれやれ売りのイメージだが

値幅が大きくオプションはやりにくい

ショートしてロスカット入れてたら刈られてしまう。



しかし、昨日と本日の大幅高にユニクロが参加していない!!

昨日は御三家でマイナス寄与でも大幅高

本日もユニクロは寄与10位にもいないで400円高。


前引けは80円高とちんまりしているが

戻り足が2000円3000円でても不思議ではない

しかもユニクロなしで連日のNT倍率上昇。


「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 11:58 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

金利低下のナスダック高もマザース劇落。

ダウ―日経225の絶対値が急拡大

一時1000以下でしたが

今は4000以上になっている。




本日もダウ小幅安の中で日経は500円以上も安い。


買われてきた高配当株の下落が特にキツイ

船、銀行、商社など


配当目当ての買い個人を粉砕している。



落ちれば反発もあるが

高配当株かナス連動株か?


日銀の買いが入る予定だが効果は?

まだトピック型だけでなく従来通りで変更は4/1とのこと。



大幅下落しては出来高がラージ24000枚(12:20)と少ない。

まだ下げる印かもしれない。

「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 12:21 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする