2019年04月10日

魔の水曜日になるか?!”

ヘッジファンドが暗躍していたころのSQ週の水曜日は

大波乱が多かった。

本日はNY市場が「戻せなかった」珍しい日。


IMFが下方修正、ドル円が111円割れた、

EU会議が控えている。

ユニクロ決算が控えている。


仕掛け売りのチャンス日。


少し前はアムロ、ゴールドマンが主役でした。


それでも日中の日経225がダウの顔色見ながらの動きなら

プット爆発はない。


そうなら4月プット21250円ショートが危ない事態にならない。



確率が低いが先日が米株の戻り高値達成日である可能性もある。



「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 08:19 | Comment(0) | SQ週とオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

ナイトも値幅が大きくボラが高い

昨日は昼も夜も「もし逆張りができたら」凄い利益でしたが、いかがでしたでしょう?

ナイトは日中に22900円台に戻したので調整完了と思いますね普通は。

値動きが激しいのでボラが高い。

こんな動きではガンマロングしかないが、止まってボラの下落があると
かなりきついお仕置きを受けることになるが怖い。

本日はSQですが、完了したら値動きが止まることはないでしょうね。

上昇安心が一転する
下落恐怖が一転する

当然ながらどこかでトレンドになるのだろう。
逆張りも過剰売買はマズイ。

本日23000円回復も22250円割れも起きり得る日経225先物です。

まだまだロングストラングルで行けるが、ボラ高なので外にショートを
入れボラヘッジが必要でしょう。

ボラ落ちのときの外オプションの下落は泣けます。


「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 08:13 | Comment(0) | SQ週とオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

いよいよか? 揺れ幅が大きくなってきた米S&P500

S&P500の10営業日で徐々にカラ売りが減って来た、そして日々の振幅が大きくなり
大きな変化を予感させる。下落か?大幅な噴き上げか?

チャートと数字で見ると。
利食い、押し目買いの交錯が活発化して株主が入れ替わっている様子が見て取れます。
下落するならババの掴ませ合い。上昇なら手替わりと云うことです。
大きな変化の前触れの可能性が高くなったと云えるのではないでしょうか。
比較はいままでの上昇局面とムード変わったところです。
S&P500.png

下のグラフの不と赤線は個人の信用取引の買い比率。線から上がカラ売り比率になります
白い部分がネットロングでピンクの部分がネットショート。圧倒的にカラ売りが多いが直近で
赤線が上昇トレンドに。これは徐々に諦めて踏みあげているデータになります。
今までとの変化は、これまでの上昇でカラ売りが増したのと反対の動きになったことです。
上のグリーンローソク足はS&P500指数。

カラ売り比率.png


オプションで大変化はガンマロングに取って大きな利益チャンスです。
大変化しそうですが、解らないのは「何時から?」

変化直前にロングストラングルを組めばいいのですが、
木曜日まで「長引く」とSQの今週は確実にタイムディッケイにやられます。

先週木曜日からですが連勝が続いたログストラングルだけでは儲からなくなってきている。
外ショートを入れコンドル系にしたものが勝っている。

これはボラの下落とセータで日経225先物の動きよりオプションの反応が鈍くなったからです。

日経225先物は急騰するかもしれない、いつ下落するかもしれない、
しかし着実にセータ分オプション価格は日々減価する。

そのような状況からオプション戦略を取らなければならない。

SQ週のオプション戦略の本命は値動きをヘッジしてセータをゲットすることです。

しかし今の相場、大きな値動きの前にはセータを取るガンマショート戦略は飛んでしまいます。

では?

オプションで決まっていることの現状の整理ですが、日経225先物の値動きは不明として
・時間は確実にオプション価格を下落させる。(持ち合いでも価格は下落する)
・暴落以外では上昇ならボラアップ、下落ならボラダウンの傾向がある。
・インしそうにない外目のオプションは日経225先物の値動きに鈍感になる。
・NY市場からナイトの価格変動大きい可能性がより高くなった。

この決まっている条件のもとにオプション戦略を建てます。
そのポイントはショートの入れ方にあります。

本日のオプション戦略メルマガは、青空天井の歩き方B
これまでと変わるロングストラングル戦略。

購読希望は下の申込欄から
5%会の詳細はブログ右上から

「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 12:28 | Comment(0) | SQ週とオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

4月SQは19000,18500円どっち方向?

日経225オプションのSQ週です。

20000円は夢となり19000円も危うい状態です。

先週は19000円も18500円も見たのですが
ともに
反落反発で仕切り直しになっている。

長期で見ると下落のサインだがオプションは
木曜日までの勝負。SQ過ぎてからの19000円以上も18500円も
意味がない短期戦です。

日経225先物の方向を決め賭けるのはオプションではギャンブルになります。
どちらでも対応できるのがオプションの利点。

相場の方向は解らないとしてSQ週ならではの解ることもあります。

・緩やかな上昇で、外のコールオプションは上昇しないでプットは大きく下げる
・緩やかな下落でプット外オプションは上昇しないでコールは大きく下げる。
・上昇でボラは盛らず、下落では値幅が出れば盛りやすい。
・プレミアの剥げは期先より期近が大きい。
・SQ週ではヘッジファンドの仕掛けは売りが多い(プットを踏ませる)

簡単に言えばショートが断然有利(確率)
しかし、価格自体が安くなっているので
特にプットでは値が飛びやすい(確率は落ちるがオッズが極めて有利)

金曜日のミサイル騒ぎの18500円出現で最多出来高のプット18000円は

寄り@25 高値@80と3倍になった(オッズが高い)

逆に18500円から急反発でのコールは最多出来高の19000円で
安値@40 高値@75で2倍になっていない(オッズ的に半分程度)

50%50%の当て物ならプットが断然有利です。

またナイトセッションでコール19000円は
日経225先物の+80円にたいして▼5円

カバコが有利だったことが解る。







これから上昇に対しては先物を利用してコールショ―トをヘッジ
下落に関してはプットロングをカレンダーでセータ負けしないようにする。
この際の注意として大幅下落の時に先物の負けをカバーできないといけない。

オプションの特徴は上昇思惑が外れて、
いくら下落してもコールは0円以下にならない。
先物は下げた分だけキッチリ負け金額になります。

この様に考えてリスクを殺していくと
リスクが少ないだけ利益も少ないことになる。

例)先物下落のリスクをプットロングでヘッジしようとすると
  横ばいで大きく負けることになる。
  それを防ぐには急落時はボラが上昇することの利用することでしょう、
  まあ、それでも、1日50円以下の緩やかな下落は、
  先物負・プットロング負けのダブルで損失のリスクになる。

上昇か下落か「決めて」外れても損が出ないようなポジもいい。
下落確率が高いとは関係なくオッズからはプットが有利です。

確率論から数字にすると上昇確率が60%以上でないとオプションでは不利。
上昇に関しては先物を絡めた方が優位性がある論拠です。

オプショントレーダ―にとって、もっともスリリングな週で
もっとも稼ぎやすく、損失を出しやすい週です。

「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 18:16 | Comment(0) | SQ週とオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

雇用統計が、モヤモヤを晴らすことになるか?

本日はSQですが、大きな問題はなさそうです。

珍しく米国雇用統計がSQの後になりましたので

余計に安心感がありました。


もう8月SQに向かって頭を切り替えなければならない。

相変わらず英国のEU離脱の影響が云々されるだろう。

不動産関連では英国撤退のニュース
欧州の銀行の不要債権問題がニュースになって
いますが、金融関連の悪材料は株価に大きく響く。

原油も戻り天井を付け45ドルまで下落して
ダウの足を引っ張っている。

日経225は15300円前後からの動きで
雇用統計を前に
下は堅く、上は重い展開が本日も予想される。


トレンドの見極めはナイトセッションの雇用統計後

来週からの日経は15000円を割れると
大きく下落の可能性がある。
公的が買い支えられれば下で硬直します。

世界的な急落が無いと日経だけでの下落は
難しいだろう。

しかし世界中で不穏な空気があるのは間違いない

オプションメルマガは明後日発行予定

成績好調の短期スプレッドは
来週から暴落予防キット(スプレッド)
を追加で入れる予定です。

思わぬ事態で吹き飛ばされないようにしましょう。

リーマンの前と似た「雰囲気」があるので気になります。

サブプライム問題はリーマン以前から問題になっていた。
今は欧州の銀行が問題になっている。

一撃で飛ばされる事態は予防したい。
短期スプレッドの詳細・申し込み

「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 08:45 | Comment(0) | SQ週とオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

不気味なSQ最終日の引け値です

寄り15340円
引け15260円
安値15210円
高値15400円

上は重く、下は公的の買いの警戒ムード

SQはNY市場に預けられた形です。
もしかすると03:00以降のCMEでの決着かも知れない。

ドル円は結局101円台に定着できないで100台

いつでも100円割れにスタンばっている。

いつもの日経(ローソク足)、ダウ(青ライン)、ドル円(オレンジライン)の5分足チャート

773sha.png

ダウ比較での値下がりでドル円からの
値下がりを感じさせる日経225です。


朝の記事をアップ忘れていましたので
引けてから出す「間抜け」をかましてしまいました。

暴落の可能性についての記事です
是非したの記事もご覧ください。

「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 15:31 | Comment(0) | SQ週とオプション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする