2021年05月09日

市場が「100万人接種」を信じれば、明日は上昇。

欧米株上昇やPER低下でも日経が上がらないが、

ワクチン接種の遅れも響いている。


今週から決算ラッシュ

連休明けにEPSが100円あまり上昇して日経は518円上昇した。

予想ではEPSが上昇するようだが、素直に反応するか

株が上昇しないで、PERが下がるだけなのか。


米国市場はバブルバブルと喧しい好決算だ。

過去の平均PERは○○なら平均金利も必要だが、あまり言われていない。


米株観測、チャートを見れば上昇予想になる。

ダウ、S&P500、ラッセル2000からナイトの日経が上がらない理由は解らないが

外資が先物を買わないから・・・


ADRもあまり上昇していない(ユニクロは600円下落)


好調な業種は年初来高値を取っている

海運御三家・・・郵船、商船三井、川崎汽船
鉄鋼御三家・・・日本製鉄、JFE、神戸鋼

225寄与度の低いものばかりだが
今週の決算ラッシュでどうなるか?


EPSがポンと100円も騰がれば30000円突破となるだろうし

ショートカバーが上昇の後押しをするだろう。


チャートは25日線をタッチしては押しを何度か繰り返しているので

明確な突破はテクニカル重視派を買いに転換させる。


100万回接種、コロナ拡大、米国新高値、緊急事態延長、決算ラッシュ。
こんな材料の中でSQ週を迎える。

欧米はワクチンで「コロナが抑えられそうだ」の見込みで株が上昇しているので

日経もワクチン接種が「進みそうだ」で上昇と思う。


外資のオプション事情もあるので
「29000円は割りたくない。29750円以上は行きたくない」

29500円は揉み合った地点ですから好意的に見れば

29500円台までは上昇すると思える。

5月限オプションならプットショート勝率は高いが
コールロング勝率は高くない
になる。

月曜日火曜日で30000円接近突破があれば
状況が一変するかもしれないがバロメータは売買高かもしれない。

いずれ上昇を見込みコールのカレンダーは悪くない戦略だ。




「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 18:22 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月08日

AIロボも瞬時は「結果として」間違える。

昨日の雇用統計の結果

サプライズの雇用者数減と失業率悪化

この瞬間に

ダウが急落
ナスが急騰
金利が急落

日経は下落


ダウ指数には金利反応の定数が小さかったのか、
予想―結果=で瞬時に売りサイン

ナス指数には金利敏感なハイテクが多いために金利反応媒介が高設定だった予想になる。

ダウ:雇用者増減率>金利 の設定
ナス:金利>雇用者数増減 の設定


しかし、考え見たら(落ち着いたら)

雇用統計サプライズ悪化はバイデン財政拡大政策進行に有利
失業率の悪化はFRBのテーパリング不安を遠ざける


ダウとS&P500はどんどん戻して史上最高値。時間が経つにつれて
瞬時下落のショートカバーがおまけになり安値より大幅高。

ナスは金利が下がり指数が下落でダウのようにはならず上髭。


日経はダウ型で下落したが、当ナイトの戻り高値は更新できなかった。
雇用統計発表前の29400円前後で終了
(ナイト引け29410円、CME引け29395円)



移動平均チャートを見ると
ダウはロング
S&P500はロング
ナスはショート(しかもローソクは25日線に届かず長上髭)

オシレータ見ると
ダウはボリバン+3σ寸前の過熱(RSIは73で余力有り)
S&P500はやや過熱
ナスはRSIからはニュートラル

日経はロング指標が断然多い



外資のオプションポジションからは29000円以上29750円以下がベスト
に「ショートが積まれている」

日経が上がらないのは外資が上昇させたくないからか?
ナイトのラージ出来高11000枚



「あまり上がると困るし、29000円割れも嫌だね」


来週はSQ週ですから外資のオプションポジが優先される可能性が

「罠がない限り」高い。


「上げて29700円 下がっても29000円割らない」

ショートコンドルが有利な情勢が続くかもしれない。


今週に米株が下落しないと日経はSQ後に上げることになる。(と予想が建つ)

外資に「日経などユニクロだけで動かせる、おもちゃだ。」

昨ナイト時間ADRで600円以上下落しているユニクロ。

アムロがプットショートを大量に決済しているが

想像しただけで「相当な利益」になっている。

今週の6月限オプションの建て玉枚数を見ておく方がいいだろう。


先月今月と外資はショートで大きく利益を上げている。

5%会はショートコンドルでレシオだが、上昇にビビッてプット中心


28000円割れや30500円突破がない限り

オプション王道(ショートでセータを取る)が勝つ展開が続く。

2021年は
大雑把に27000円から始まって5か月で29500円

2500円幅ですから

今年のショートコンドル負けなしは当然ですね。

そろそろ・・・・。
やはり上昇が不安になります。










「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 17:09 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月07日

好決算から劇落続出でPERが20倍割れ!

日経と金以外は何でも上昇している気がする。

欧米株

材木、コーン、、大豆、原油、銅、仮想通貨・・・・


こんな世界の中で日経PERが20割れ。

なぜ、日本株が上がらないのか?

理由は様々と書かれているが


先物シェアの80%を握る外資が買わないからだ。

いまは日本株を買うより欧米株のほうがワクチン接種状況から「得策」
と考えているのだろう。

日本の急増している新投資家も米株やインデックス買いが多いと聞く。



日米欧株のバランス
PER下落
ドル円の安定
米中関係から米国の日本重視政策

キッカケがあれば、昨年11月のようなことが起き欧米のような株高が来るのではないか。

米株と相関のない日本株の上昇だ。


コロナワクチン接種の時期も関係するのかもしれないし
緊急事態宣言の延長が終わるときかもしれないし。


個別株でも鉄や船のように値が飛んでいるものがある一方

安値を切り下げている「まともな株」も多い。

薬や食品です。

仮にガラが来て、良い株が連れ安すれば絶好の買い場になる。



チャートは25日線に頭を押さえられた形です。

移動平均からは売りだが75日線で下は堅い
オシレータからは買い。

その通りにプットが連日の劇落だ。


27625円以下が1桁になるボラ剥げだ。


雇用統計日ですが数字が良くても悪くても

都合いいように解釈して上昇しそうなダウだ。










「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 19:27 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日午前の急騰はCスイスのようだ。

Cスイスが大幅買い越しの先物

アムロに「一方通行」は少ない。

Cスイスは「一方通行」が好き(の印象がある)


以前はあまりの偏りにクレージースイスとも言われた。



テクニカルチャートがストロングバイに近い状態で

向かえた朝は意外に安くスタート。


しかし切り返して25線まで上昇。

その先は滞在時間が長かった29500円台。


米株が高くダウは今日もCFDで高値更新だ。

個人的に気にしている海運、鉄、商社は小幅高

トピが日経より高く安定感がある。



29450円以上で

25日線突破から25日線の上向きRSIの上昇と
モメンタム上向きを強化。

「買いサイン」


昨日から配信している「新65%聖杯マガジン」で

本日はストロングバイに近いと記したので

上昇してほしい日だ。


平均線と分析ツールの組み合わせですが

サンプル希望者はメールを
1週間配信いたします。

infoアットマーク11zakuro.com



「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 11:17 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月06日

あっという間の25線到着で意見の分かれるところ。

概ね25日線―29410円に到達して

ちょっとも揉んでいるが、一気に突破か

戻り売りの急所でもある。

10時半で510円高のNY市場離れの快挙


どうも外資が「かちあげ」を狙っていた様子もある。


押してから上に抜けると30000円方面の確率が高まる。


銀行・鉄・商社・トヨタも一段高で

現物狙いの方は手が出ない上げっぷりだ。


「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 10:55 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大相場に必須の銀行・海運・鉄が大幅上昇

日経は「まだ」大きな揉み合いの中点(29500円)にも来ていないが

海運の年初来高値や

日本製鉄の窓あきで+7%以上に飛んでいる。

メガバンクも+3%以上の高値です。

トピ型を見ると「なんか起きそうだ」

 *トヨタも2.6%高としっかり指数を押し上げている。


5%会メインの8日移動のチャートも陽転

RSIが下から50を突き抜け、いい形にはなっている。

もちろ終日ん持続するかは不明です。

29400円(25日線)までは戻り売りがチャートでは基本


ナスやS&P500がダウを追いかけて新値に進めば

日経も25日線突破の目があると思う。



5%会の65%聖杯が変わりました
https://www.11zakuro.com/65per


「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 09:39 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月05日

投資の勉強は長生きの秘訣

昨日バフェット氏の後続者が発表されたが

バフェット氏 90歳
副会長が   97歳と69歳
 そして引退予定なし!


頭をフル回転しているのでボケにならないのか?

ちょっと調べたら

ソロス 91歳
最後の相場師 是川銀蔵 95歳
石井久(立花証券) 89歳

60代の私の経験など小僧。



栄華から転落で自殺者も多い

有名なところで日本は岩本栄之助
  米国でジェシー・リバモア


過剰投資は心に悪そうだ。


最後の相場師がいるなら
今後は相場師が出ない。ことになる。


若いころ
是銀の別子買
加藤 ロ 率いる誠備の宮地鉄工買占め
ハント兄弟の銅買い


などは小説になるくらいで、わくわくしたものだ。

ちなみに私の実家の家の前に邸宅があったが(渋谷区)
昭和30年代。相場師の愛人の宅だった。
いまは大きなマンションになっている。




現代はAI時代ですから
投資家の風を読んでの相場を張ることがないだろう。

テクニカルに

酒田五法や一目均衡表が残っているが、寿命があるのだろうか?

人の心理からのテクニカルはなくなる気がします。





株式市場は、昨夜の原因不明のドイツ株クラッシュに

イエレン利上げ発言で急落したが

ダウは全値戻しの強さを発揮した。

GAFA達は、10年債金利低下の中ですが下落。

アップルの下落がキツイ。


本日まで休場の日本ですが株価は弱い(戻りが弱い)

日米欧で最弱です。

米株より、安い位置でもダウやナスが下がると付き合う。

ダウ―日経=も 5400越えまで拡大した。


そのうち日経はダウを越える予想の声も多く聞いたが

今はない。(と思う)

「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 08:26 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

テクニカル指標で最も勝率が高いものは、


日本に先物市場が登場してから(当時は日経ダウと呼ばれた)

私は日経平均を見続けてきたが、

テクニカルで最も信頼できる指標を上げれば


・25日線からのプラス乖離7%以上の時のショート

・25日騰落レシオの70%割れの時のロング

・短期ではあるがボリバン+3σを越えたときのショート


正解確率は90%以上だろう。

その代わり、ご存じのように滅多に出ない指標〈年に1回くらいか)

出ても短時間が多い(髭になる)


待てる方なら「この3点が出現したときだけ」売買すれば

間違いなく先物で勝てます。


オプションも加えるなら暴落で
ファーのオプションのボラが200%を越えたときのショート。

いつだったか忘れたが

翌日に日経が▼450円続落したときがあったが、
その200%超えのプットは大幅に下落した。

福島地震の際にも同様な現象が見られました。

通常は馬鹿ボラ(100%以上)で勝率が高い

最近はすっかりオプション事情が変わってしまったが

以前は年に2回の頻度で出現していた。

100%でも1桁オプションは除きますよ。




騰落レシオの70%割れロングは例外がありますが、

それは、金融システムが絡む○○ショックが解っているとき。

金融が絡む「事件」は長引くケースが多い。


ひたすら待つ手法は、多数の売買中毒の方は難しいだろう。


しかし、出現の時には利用しない手はないだろう。

https://www.11zakuro.com/65per





「《週刊》オプション戦略」無料メルマガ登録

ご希望の方は、下記よりお申込みください。

*お名前

*メールアドレス

Powered by FormMailer. SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
posted by taka at 21:07 | Comment(0) | ドル円と日経225先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする